チャーチオブクライスト ニュージーランド日本 | 大阪教会

TEL
06-6387-8178

バイブル・メッセージ

人はパンだけで生きるのではない

 

 COVID-19はたった1年で世界を大きく変えてしまいました。意識して他人との距離を保たなければならないという緊張感の中で、いま私たちは否応なしに自分のあり方を問われているように思います。

 

 神のことばである聖書はこう言います。『人はパンだけで生きるのではない。』パンは生活に必要な「モノ」の代表です。物質的な豊かさを追求して、人はお金や物を求め続けてきました。そうして経済最優先で進められてきた世界に、COVID-19は警鐘を鳴らしているように思われます。いま多くの人が『パンだけ』では満たされない自分の心の空洞に気づかされているのではないでしょうか。
 続いて聖書は『(人は)神の口から出る一つ一つのことばで生きる』と言います。聖書に記録された神のことばは、私たちの本体である霊・たましいを豊かに満たし、いのちを与えてくれるというのです。そもそも人は、神に造られた最高傑作です。ところが人は、この創造主に背を向け自分勝手に歩み始めました。いのちの源である神様を拒むので、生きる喜びがありません。自分勝手なので、周囲との軋轢が生まれます。そんな自分を見て落ち込み、喜びも希望も失った人が何と多いことでしょうか。この『罪』を、すべての人が犯したと聖書は言います。
 神のことばは、『罪』から救われる方法も教えてくれます。罪ある私たちの身代りに、神はひとり子イエス・キリストを十字架につけ、三日目に復活させられました。キリストの死は自分の身代りのためだと信じる者の罪を神は赦され、生まれ変わらせ、新しい人生をスタートさせてくださるというのです。

 

 誰もが生きづらさを覚える時代だからこそ、どうぞ神のことばに耳を傾けてください。教会にご連絡くだされば、喜んでお手伝いさせていただきます。