チャーチオブクライスト ニュージーランド日本 | 大阪教会

TEL
06-6387-8178

バイブル・メッセージ

救い主は低い心に

理不尽な世界の中で

 昨今の世界情勢を見て強く感じることがあります。それは、リーダーたちが自分に都合の良いように事を画策し、疑惑を追及されても説明責任を果たそうとしないという風潮です。「長い物には巻かれろ」とばかりに追従者が現れ、力を持たない者の声は封じられ、理不尽なことがまかり通っているように思います。このような風潮は人生の意味や目的を見い出すための妨げともなりかねません。私たちはどう生きたらよいのでしょうか。

救い主が来られる

 約2000年前のイスラエルは、時の権力者たちの圧政に苦しんでいました。力を持たない民衆は、旧約聖書に預言された「救い主」の現れを待ち望んでいました。彼らがイメージしていた「救い主」は、強力なリーダーシッ プと武力によって強国からの独立を勝ち取る指導者でした。しかし、そこに現れたのは、一見普通の人と何も変わらない人物、イエス・キリストでした。

問題を投げかける

 しかし、キリストのことばは、人々に衝撃を与えるものでした。彼はこう言われました。『…支配者と認められている者たちは、人々に対して横柄にふるまい、偉い人たちは人々の上に権力をふるっています。しかし…あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい。…人の子も、仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人のための贖いの代価として、自分のいのちを与えるために来たのです。』

心を低くするなら

 このことばの通り、キリストは「自分さえ良ければ良い」という 私たちの『罪』を全部背負い、神の刑罰を身代わりに受けて十字架で死んでくださいました。こんなに理不尽なことはありませんが、それを彼に押し付けたのは私たち一人ひとりなのです。心を低くしてその罪をお詫びし、キリストを救い主と信じるなら、私たちの心の内が根本的に変えられます。その時初めて、私たちは生きる意味と目的を見出すことができます。